弁護士に依頼する

交通事故の慰謝料請求を弁護士に依頼すると、慰謝料が増額する可能性があります。治療期間が終了すると、保険会社から慰謝料を提示されます。このとき、被害者が自ら交渉した場合には、保険会社は支払う額を低く抑えようとして、自賠責基準額かそれに近い額の任意保険基準額での提示しかしてくれません。

弁護士基準の適正な額で慰謝料を受けるためには、弁護士に依頼することが必要になります。弁護士は、弁護士基準額での解決を求めて訴訟を起こすという選択肢があるため、保険会社に対して強気で請求ができます。また、保険会社の担当者は交渉のプロですので、自ら交渉するのは被害者にとって負担になることも多く、出来るだけ早く終わらせたいと慰謝料の金額が低いと思いながらも交渉を終わらせてしまうこともあるようです。

弁護士に依頼したほうが交渉を有利に進めることができますし、保険会社との対応にかかる心身の負担を軽減することができます。後遺症が残ってしまった場合、その被害は一生のものとなる可能性もあります。交渉は、苦痛に対する妥当な金額を払ってもらう権利を主張するために重要な場です。

示談が成立すると原則として示談内容を変更できなくなるため、主張すべきことに漏れがないように注意を払わなければなりません。交通事故に精通した弁護士に依頼することで、妥当な慰謝料をもらえる可能性が高くなります。

慰謝料の基準

関連サイト《交通事故慰謝料》 … 弁護士法人アディーレ法律事務所 … 交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所